便利なお名前シールを購入するときは通販サイトを活用しよう

SITEMAP
ランドセルと名前シール

お名前シールを通販で購入するのは簡単です

勉強道具

子供の持ち物に名前を付ける時にはお名前シールを使用するのが一般的ですが、このお名前シールはお店で買うよりも通販サイトで購入する人が多いです。お店に行く手間が省けますし好きな時間に豊富な種類の中からお気に入りの物をじっくり腰を落ち着けて選べるので、何かと忙しい現代人には最適なサービスと言えます。そんな通販でお名前シールを購入するのはとても簡単で、業者の通販サイトの中から購入したい商品を選んだら、具体的なデザインや枚数を選んで、記入したい名前とフォントの種類などを選んで発注するだけです。基本的に一つの商品で数十から百枚以上のシールがセットになっているので、点数が少なければ一枚でも十分足りるでしょう。因みに入学準備が本格化する2月から4月までの間はお名前シールの注文が集中する傾向にあるので、多少納期が伸びる事があります。大幅に遅れるという事はありませんが、心配な場合には早めに発注しておくといいでしょう。ショップによってはオプションでスピード出荷対応してくれるところもあるので、準備の時間が無くてすぐに欲しいという場合にはそうした対応ができる通販サイトを利用するのも手です。また入金は銀行振り込みにすると出荷が入金確認後になるので、なるべく早く欲しい方はカードを利用するのがお勧めです。

お名前シールを通販サイトで購入するべきメリットについて

入園、入学の準備アイテムとして通販サイトで購入しておくべきアイテムがお名前シールです。

通販だからこそ、注文をする事によって他では手に入らない可愛いデザインのシールを買う事ができ、実は容量も大容量のセットなので使い勝手が非常に便利です。文字が大きめのサイズから、中小、鉛筆に貼り付けやすい極小タイプまで全てがセットになっています。一度の購入で品揃えが良いので、後々に買い足しを行う必要がなくて安心です。

また、お名前シールは耐水性にも優れている為、幼稚園や保育園、学校で使うコップにシールを貼り付けても大丈夫です。高温にも強い利便性もあり、食洗器に入れる事も可能です。多くのメリットがあるお名前シールは、価格も非常にリーズナブルで種類も多くあります。

通販をチェックしてみても多くの企業が取り扱いをしている為、その中から子供のデザインの好みや予算、シールのカットのされ方など、希望に合う物を必ず見付ける事が出来ます。

到着後はシールを貼り付けるだけなので、親子で一緒に教材や文具に貼り付ける作業を手伝ってもらう事も出来ます。購入する際の注意点は、入園や入学の直前に注文すると混雑している恐れがある為、時間に余裕をもって注文しておくのが安心です。

お名前シールはお店で買うより通販が便利でお得です

手軽に持ち物に名前を付けられるお名前シールは便利ですが、どこで手に入れる事が出来るのかご存知でしょうか。自作という方法もありますが、手間が掛かりますし色々準備があって結局コストも掛かるので、業者に発注するのがお勧めです。発注の方法については印刷業者の店舗や文房具店などのサービスを利用する事も出来ますが、通販サイトで購入する方法が最も便利です。通販が便利なのは、複数の業者のサービスを一度に見られるという事に尽きます。現在お名前シールのサービスを展開している業者というのは数多くあって、どこも他社との差別化を図って様々なタイプのお名前シールを販売しています。デザインや形状にサイズの違いのほかにも、特殊な機能が付いているシールなどその種類は千差万別です。お店などでは選べるシールが数種類しかない事も多いので、より豊富な商品の中から選べるという意味で通販の右に出る方法はありません。さらに値段的な部分でもメリットがあって、複数の業者や商品の中から安い物を選べるという事もありますが、元々販売にコストが掛からないので値段が安めですし、薄いシート状になっているので送料代も低いです。通販サイトのキャンペーンなどで送料分がタダになる事も多いですし、まとめ買いで割引などのサービスもあってお得です。

まとめ買いをする時はお名前シール通販の【ネムネム】にしましょう。こちらではセット販売のシールが多数用意されています。また、算数の道具用や可愛い猫のデザイン入りのものなど、シールの種類がとても豊富なので、貼る作業がとても楽しくなります。

イチオシ

  • 子供と一緒に作るお名前シールは通販での購入がおすすめ

    積み木遊び

    最近では、お名前シールを注文できるサイトが増えてきました。簡単に型や大きさ、文字のフォントなどを指定して、注文する…

    MORE
  • 通販で手に入るお名前シールはフルネーム以外でも作成可能

    三角定規

    お名前シールはフルネームで作るのが一般的ですが、苗字が長い人や名前が長い人はシンプルにするために苗字だけ、名前だけ…

    MORE